So-net無料ブログ作成
検索選択

COLOR [遠征]

連日、根魚&ヒイカは釣れている
ナイスサイズなカサゴや

ナイスサイズ?なヒイカ

30モンスターを追いつつ休みがとれると鱸師が疼きだす・・・

そうだ伊良湖へ行こう(笑)
金曜日から前乗りしてる笹岡氏に連絡をとってみると恋路ヶ浜は風が強くて厳しい感じなので石門でも?との提案
じゃあ!と言うことで、日付変更した土曜日午前12:20分に自宅を出発~!
途中、寄り道をしながら空いている道を無事に走りきり、石門の駐車場に到着!
状況を確認すると、風が強いが釣りが成立する位の風速なので、自販機前の明りで作戦会議
恋路ヶ浜は今回は無しで、西磯も危険かな?と判断、じゃあ、どうする?
じゃあ、少しマイナーなポイントでも行きますかと車を走らせる
車を駐車するスペースに入ると3台の車が止まっていた、僕たちも準備を済ませポイントに向う
状況を確認すると、今年の恋路ヶ浜と比べ、岸際の張り出しや離岸流の出方がハッキリしている
ココで決まりですな(笑)
笹岡氏と分担して探るがバイト無し
地元アングラーと話す機会のあった笹岡氏が昨日70台が出てると言うのでマズメにかけるかっ!
とキャストしながらチャンスを待つ
薄っすらと夜が明けだし浜の全貌が見えてくる

冷たい空気と共に気合の入ったキャストを繰り返すがバイトが無い
日も昇り始め、地元アングラーも帰りだし、そろそろ終了かな?と時計を見る

まだイケる、移動するか!
笹岡氏と2台連なり朝の空いている道を順調に走りポイントに到着!
なかなかのサラシが出ている、磯マルが入ってるかな!と期待してキャスト開始!
考えられるコースを引き倒しバイトが無い・・・

笹岡氏も磯をかえ渾身のキャストを繰り返すがバイト無し!

清々しい朝の雰囲気の中で終了~!

今回も釣れなくても楽しい釣りが出来て幸せだった

帰り道に伊良湖に来るたびに立ち寄るヒグチ釣具さんにお邪魔した
ランカーサイズの写真を見ながら店長と話す内容はコア過ぎて書けないですが、非常に濃い内容だった(笑)
伊良湖に釣行する際には立ち寄る事を凄くオススメします
名古屋近郊では余り見かけないロングロッドや大型ルアーなどの品揃えは伊良湖ローカルって感じで最高です!
店長さんも非常に気さくな方で話しやすいです(笑)
難点といえば、お店の場所が非常に見つけにくいという事(爆)
僕も何回行って・・・入る道を間違えます(超爆)


使用タックル
ROD、Gクラフト-MOSS-1202-MR
REEL、ダイワ、セルテート3500HDカスタム
LINE、キャスタウェイ#1.2ポンド+フロロ30ポンド
LURE、タイド150サーフ、ZBL15、ペニーサック、etc


Gクラフト-MOSS-1202-MRの1ft短いMOSS-1102-MRが届いた
早速、1202との使用感の違い試そうと近くの河川で試し振りをしてみた
感想は、1202と比べシャープに振り抜ける
1ft短いので当たり前だが、グリップも少し短いので取り回しが良い
12ftがあれば11ftはいらないじゃない?とも思われるが、適材適所で使用するにあたって僕的には使い分ける事にしている
背負えるウエイトが同じで長さは15センチ程度の違いだが確実に使用感が違う
10ftを越える長さのロッドを余り気にならない、又は触った事が無い、振ったことが無いというアングラーにとっては使用感が理解しにくいので、見方をかえて説明すると、港湾で良く使用されるのが8ft台のロッドですよね
仮に使用してるのが8.6ftとします
軽快で取り回しの良い8.6ftから1ft長くなる9.6ftに変えると途端に長さが気になり、取り回しも違ってきます
たった15センチ程度ですが、全然別物です
同じように10ftを越えたロッドでも使用感はまるで違います
この1ftを有効に使うかはアングラー次第という事です
僕もロッドのポテンシャルに負けないように頑張ります(笑)

ヒラ鱸のエンブレムは伊達では無い







テンション激高~! [遠征]

連休がとれたので、金曜日の夜~土曜日の朝まで伊良湖岬に釣行してきた
笹岡氏の車に便乗して出発~!
伊良湖に向う途中で釣友N氏と遭遇
話を聞いてみると、彼は伊良湖の帰り途中のようだ、状況を聞いてみると人も少なければ魚も居ないみたい・・・
少しテンションが下がったが、楽しい話しで盛り上がった(笑)
帰りの道中、気をつけて!と別れた
あともう少しで到着予定だが赤羽根港で灯りまわりを見に行くと「シラス」漁の方達が漁をしていた
「小時間」見ていたが結構採れていた
よし、行くか!と車を走らせた
今日は堀切かな?と思っていたが西磯も気になったので、恋路ヶ浜の駐車場に到着!
準備にとりかかる前に西磯の状況を見に行くか!と歩き始めたときに浜からアングラーが三人上って来た
状況でも聞こうかと思って近づくと鱸をぶら下げてるではないか!
デカイ!目測で80半ばか?
挨拶もそこそこに明かりのある場所で計測するみたいなのでついて行きメジャーをあてるのを見ていると、80いや90アップ!良い目の保養ができた(笑)
テンション激高!今日は恋路で振るぞっ!と準備を急ぐ
浜に下りるとアングラーの数は然程多くないので実績のある場所でキャスト開始!
相変わらず引き波で身長がズズズと下がる

時折釣れて来るのがコイツ

延々とキャストを繰り返す
で、コイツ

そろそろ夜が明けてきた

いい感じなんやけどな~!

マズメ時を迎え、いつの間にかキャストが楽しくなってきた!アングラーズハイか?


笹岡氏も黙々とキャスト!

そろそろ西磯でも見に行こうか!と移動すると誰もアングラーが居ない・・・
マズメのチャンスなのに何故?
居付いていそうなポイントを片っ端から撃つが反応無し、よさ気なのだが・・・

綺麗な朝日を向かえ終了~!

ランガンも良いが集中力を継続しての釣りも、これまた楽しい(笑)
心地よい疲れだ(爆)

笹岡氏、サンキューでした!

使用タックル
ROD、Gクラフト-MOSS1202-MR
REEL、ダイワ、セルテート3500HDカスタム
LINE、キャスタウェイ#1.2+フロロ30ポンド
LURE、タイド175、タイド150サーフ、グース140、フィードシャロー、etc


※お願いします



状況チェック! [遠征]

昨日は風も無く条件も良さそうなので、ホーム木曽に行く予定だったが、急遽場所変更する事にした

笹岡氏に連絡すると「状況チェックやね!OK~!」との返事

午後3時半に出船場所に集合

今回のポイントはズバリ「霞一文字」

鱸シーズンオフにはよくお世話になる船長からメールで状況は聞いているが、実際に現場に立つのが一番

今回は笹岡氏とうちの長男との釣行

午後4時に出船

10分程度?で到着
風が無いのですごし易い、準備をしながら海面を見ていると・・・

「ベイト多いよね~!」
「バコンッ!」

おぉ~!出たよ!

カタクチ?のベイトボールに鱸がバイト!

慌てて笹岡氏とキャスト開始!
しかし根魚狙いなのでワームしかない・・・

ボイルが起こると、その進行方向と思われる所にキャストするが、ことごとく無視される・・・

しかし一心不乱でキャストしまくる→無視が続く

隣りでは涼しい顔で長男が根魚を狙っている

諦めた!次に来た時おぼえてろよー!

夕暮れが迫りだした
そろそろ根魚も動き出すかな?

リグって準備万端でさくさく釣るぞ~!と気合が入る
しかし、じょじょに風が吹いてきた
だんだん暴風に・・・

「夕暮れに山から吹く風だから日が暮れたら止むんじゃないの~?」

日が完璧に暮れても暴風・・・

底がとれね~!
こうなりゃグレムりン大量装着してやる!

根掛かり多発でめげそうになるが、現状これでいくしかない

隣りでもぞもぞしてる長男がロッドを曲げている
「きてるんとちゃう?」「なんかきた」

ゴリ巻きでブッコ抜くと
ナイス!笑いのツボを心得ている
少々ベタだが

気を取り直してキャストを繰り返すがたまにしかバイトが出ない

今年の春先は非常に調子が良かっただけにこの状況は・・・?

どうやらサイズが非常に小ぶりみたい
釣れてもこのサイズ

暴風とバイトの少なさに挫折

夜景モードで地べた置きセルフでもこのブレ・・・
煙突の煙が直角にちかい

終了~!

迎えの時間30分まえに集合場所に向う

近くの餌師の方のクーラーを覗かせて貰うと、カサゴが入ってたが、やはり小ぶりだった
顔見知りの常連さんが良い型のカサゴを釣り上げていたが、それでも今年の春先に良く出た標準サイズ

迎えの船が到着して無事に乗船→無事に岸に到着

体が冷えたので、いつもの「えびすや」でラーメンをすすりながらリベンジを誓う三人だった

家に到着して慌てて引っかきまわした道具入れを整理する事にした
使わなくなったバスルアーやシーバスルアーなどごちゃ混ぜに入ってる衣装ケースを物色してると

発見!

いつ頃のポーク?
試しに蓋を回してみたが、錆びついてビクともしない

そっと箱の隅に押し込んだ(笑)

又もや発見!
懐かしい・・・

昔に作ったバスプラグ

この頃はスポットが上手く吹けなかったな~

シーズンオフには久しぶりにシーバスルアーでも作ろうかな~!

まだまだ発掘は続いたのであった・・・














繋げて考えると見えてくる。点が線に、そして [遠征]

休みをもらった
家で過ごすのも悪くないが、ぶらっと北陸美浜方面に向う事にした。

美浜といえば、五木ひろし氏の出身地、五木茶屋という名所もある。
基本的にメタル系人間の僕だが、五木ひろしの「契り」という曲が大好きだ!(鳥羽一郎の名曲も好き)

のんびり走り、ポイント到着!

キジハタ狙いから始める、しかし数時間キャストを繰り返したがバイトが全然無い・・・
今日のところは、これ位で勘弁してもらい、夜イカ狙い開始!

しかし、寒い・・・、北陸だからなのかは分からないが、寒い・・・
基本的に寒がりなので、息をハァーとして「白く」なったら自分季節で冬(笑)

水中はまだ秋なのか、イカ達は元気!
この時期の普通サイズは乗りが良かった

夜明けが近づき、ショアジギングの用意を済ませ、ジグを結ぶ。
夜明けと共にキャスト開始!

ジグは40~100g程度のピンク系がお気に入りなので、ホロピンクをキャスト!

底をとり、ジャーク開始!
直ぐに中層でバイト!
鋭い突っ込みをかわし、ランディング成功!

50クラスのサゴシ

どうやら、このクラスが入っている感じ
フォーリングバイトが頻発するので、リーダーもボロボロ・・・
底に着くまでにジグがない事も・・・
底に着けると・・・

結構、釣れたので、早朝だが本格的にエギングにシフト

秋なので数は釣れますが、型が・・・

そこそこサイズ

本日、最大サイズ!早生まれの個体かな?

結果、20数杯追加して、終了~!

今回の釣行先で出会った方達、写真撮影をしてくださった方達に感謝!
凄く楽しめました(^^)
有難う御座いました。

エチゼンクラゲにも癒しをもらいました(笑)

▲使用タックル、ショアジギング用
ROD、ダイワ、シーホークSJ97H
REEL、ダイワ、セルテート3500HDカスタム
LINE、よつあみ、ジグマンX#2.5+ナイロン50ポンド
LURE、メタルジグ各種、40~100g、ピンク系がオススメ

▲使用タックル、エギング用
ROD、ダイコー、ライバルEGTS-83ti
REEL、ダイワ、セルテート3000
LINE、キャスタウェイ#0.8+フロロ1.75
EGI、ダイワ、MD2.5、エギ王Q2.0~2.5、etc

日本海的な空色だった


イカも美味しかった


星空のメッセージ [遠征]

▲前回の記事を読んでの意見や感想が多数寄せられました。
         この場を借りて「有難うございました!」

僕はあまりの反響に驚き、そして嬉しくなりました。
このブログを見ていてくれる方達や木曽ローカルの方達、チームの垣根を越えて連絡してくれた方達、そして熱い仲間達、もう一度感謝をこめて「有難うございました」
色々な方達に支えられて、このブログは成り立ってます。
「WEBの世界も捨てた物じゃないなというのを再確認しました」




またまた、北陸に行ってきました!
笹岡氏の車に便乗してです、我がまま放題で(笑)

先ずはキジハタ狙いのポイントに到着!
笹岡氏は最近キジハタに熱くなっている、やる気満々でキャストしている。
僕はアッチふらふら~コッチふらふら~と落ち着きの無いキャスト&休憩を交えながら、ぶらぶらしている。

ポツポツ笹岡氏にはバイトありバラシありで楽しそう!夜空に大きな声でこだまする「バレた~」の声!普段から声が大きい笹岡氏だが、数倍大きな声で叫ぶので恥ずかしい(笑)

北陸にきて一番凄いなと思うのは星が綺麗&良く見えるということ、琵琶湖で夜バスをやってる時も良く思ったことだが、本当に綺麗!
流れ星が流れている間にお願いを・・・ってガラではないが、チャレンジするがことごとく失敗!

カシオペアを見ていて「Mって俺の頭文字やん!嬉しいなっ!」って思った時にバイト!
感じ的にカサゴちっくだと思って抜き上げる!
カサゴだった。

その後も笹岡氏がバラシて熱くなっていた(笑)

明け方が近くなり、青物狙いに移動!
ベイトは沢山入っているが、全然ナブラが出ない!地元の釣り師が魚が出て行ったので厳しいと教えてくれたので、その方角の地磯に向かいたかった、しかし険しい所!装備もしていないので断念する事にした(下降用のロープ、スパイク靴、必須)

まぁ、10月後半からで良いでしょう~と気持ちを落ち着かせてエギをセット

沖目に投げてある程度沈めてからシャクり始めて寄せてくると、わらわらと着いて来た(笑)
しかしスレている、エギも触る程度で持っていかない!小さいサイズは興味を示して近づいてくるが、そこそこサイズは逃げる・・・

じゃあ移動!ということで北上開始!平日に休みをとって釣行したが、有名漁港は人だらけ・・・
色々見てまわったが何所も同じ感じで入っている。

仕方ないので、人に混じって投げ始める。周りは釣れてないが墨跡は少し付いているのでイカは居ると思うので探り始める。
するとあっけなく乗ってきました。

その後もポツポツ釣れますが数が出ません。これだけの人に攻め続けられればスレるのも早そうですが・・・
周りで見たのは一ハイだけであまり釣れてる様子では無かったです。

徒歩で移動してシモリに藻場が絡むヨダレもののポイントを発見!
ここでもポツポツしか出ない。
他の場所よりマシなので粘ることにした。

イカはまだ小さい感じ

笹岡氏もポツポツ

粘っていたらそこそこサイズが出た。

本日最大サイズ!

その後、僕の我がままで新規ポイントを探す旅に出たが1ポイント1ハイ位しか出ず、海も激荒れになってきたので終了~!

とても疲れたが凄く楽しめた一日だった。
数ハイ、キープしたイカはお刺身で頂きました、凄く美味しかったです!

笹岡氏、また我がまま付き合ってください夕飯は僕が持ちますから(笑)

▲アオリイカ使用タックル
ROD、ダイコー。トライバルEGTS-83Ti
REEL、ダイワ、カルディアKIX2506W
LINE、キャスタウェイ#0.8+フロロ2号
餌木、餌木イカ名人KIDS2.0号、エギ王Q2.0号、2.5号

カラーブラウンやオリーブが良かったです」


便乗で遊びに行こう~!オールリリーススタイル! [遠征]

三連休なので、何所に行こうか迷ってたが、笹岡氏が北陸方面にプチ遠征に行くというので、便乗させてもらう事になった。
探りたい場所が沢山あったので、無理を言って午後9時に北陸に向け出発~!

滋賀県に入った位から、雨が降出した、結構大粒!
「山越えしたら状況が変わるから大丈夫じゃない?」
山越えしても土砂降りだった・・・

とりあえず、最初に調べるポイントに到着!
笹岡氏はキジハタ狙い!
僕は今回何でもありの釣行、まずはアジ狙い→入れ食い!

飽きるくらいバイトが出る!しかしフックアップさせるのは結構難しいので熱くなる!

キジハタ狙いに撃沈した笹岡氏も参戦(笑)

二人して熱くなる!「うわぁー掛からね~!」「何でやねん~」
深夜の漁村にこだまする位に面白い!
しかし雨が大降りになり、仕方が無いのでファミレスで時間つぶし、ドリンクバーのみで二時間半過ごしたが雨は降っている。
明け方になり強行で青物ポイントに向かう、雨の中、キャストを繰り返すが、バイト無し・・・
サワラは時折跳ねているが、ベイトボールに突っ込んでいるので、なかなか口を使ってくれない!

僕は早々とターゲットチェンジ
超~入れ食い!ルアーが襲われまくっている(爆)

ぎりぎり塩焼きサイズ!

凄い入れ食いなので、直ぐに飽きてきた、まじめにやれば時速50匹も余裕で達成できる位に爆!

笹岡氏も青物にフラれ、底物を狙っていたが、お約束の噛み付くハゼ君をゲット!

青物狙いを終了して、アオリを調査に移動。
まだシーズン前なので、サイズがどれ位の大きさか調べるために、数を釣らなければならないので、小さめのエギで調査開始!
  

(今回の釣れた、魚達、イカちゃんは勿論オールリリース!)

大体、同調10センチ位が平均して乗ってくる。




30杯超える数を調べたが、最大で14センチだった。来月にはそこそこ大きくなっているはず(笑)
今年も北陸方面は熱い感じですよ~!

アオリ調査も終了したので、今度はアオリポイントの調査。
崖を下り、蜘蛛の巣を掃いながら海岸にたどり着き、ゴロタをすっ転びそうになりながらたどり着いたパラダイスと思われるポイント!
答えは直ぐに出た!今年も良さそうだ(嬉)

笹岡氏も絶好超~!


お盆休み突入! [遠征]

★サイズの問い合わせがありましたので説明します。
このブログでの魚のサイズは、メジャー付きの写真を撮らない場合、何々クラスとします。
例えばシーバスの場合、60クラスと書いてありますが、60.0~69.9センチのひらきがあります。
一応、サイズは測かってますが、写真撮影でメジャーをあてるのに手間取ると魚が弱るので余りサイズ計測撮影はしません。(キープ前提や比較的に強い魚、僕の気が向いたとき、などは撮影する事もありますが)
ルアーと写ってる写真も多いと思いますので比較するとサイズが大体わかりますし、僕は61センチでも69センチでも60クラスには変わりがないと思いますので細かくは書かないようにしています。


毎年恒例のお盆休み北陸プチ遠征に行ってきた!
渋滞が予想されるので、早めに出撃!
同行者は笹岡氏、G氏!
先ずはキジハタ狙いから!ポイントに到着すると、思ったより人が少ない、準備を済ませ探り開始。
沖目を探っていたとき、ゴン!と強いバイトが出た!
強い合わせをいれファイト開始!トルクある引きで楽しんで上げると、本命キジハタ!
色も鮮やかな個体!

ベイトはこんなのを吐き出した!共食いか?

その後、朝方まで数回のバイトがあったが、空振りで終わった。
しかし、諦めムードの中、笹岡氏が人生初のキジハタを掛けた!
バイトの大きさと引きの強さに驚きながらも「こらデカイてー!」といいながら、興奮のファィトを楽しんでいる!いつもの余裕は感じられない(笑)
水面に出ても、鋭い突っ込み!何度かかわしネットイン成功!
人生初のキジハタ!とても嬉しそう!

辺りが明るくなってきたので、サワラ狙いに移動!
ボイルもほとんど無く、超沖でたまに跳ねてる程度!
潮目を重点的に探ってた、笹岡氏が掛けた!
いい笑みで引きを堪能している!ネットインも無事に成功!
60クラスだが、よく引いていた。


日も高くなり、ヒラメでも?と思い底を探ると・・・
またコイツがきた(笑)

名前は判らないがハゼ系の仲間!
結構どう猛で、目で対象を追って噛んでくる!
大人でも泣きそうになるくらい痛い!歯も凄い!

結局ヒラメは出ずに終了!
渋滞を避けるため、早めに帰路に着いた。
▲キジハタ使用タックル
ROD、ダイコー、プレミアPMRS-88ML
REEL、ダイワ、セルテート3000
LINE、キャスタウェイ#1.2+VEP22ポンド
LURE、グラスミノーL
▲サワラ使用タックル
ROD、ダイワ、シーホークSJ97H
REEL、ダイワ、セルテート3500HDカスタム
LINE、よつあみ、ジグマン×4#2.5+45ポンド
LURE、ムーチョルチア、ギャロップ、メタル×、etc

ふと走行メーターを見る、随分走ったな~!

この車とも今年でお別れだと思うと少しさみしい感じ。


さっ、今からシーバスに出撃します!追記で書くつもりです。

★シーバス釣行から帰宅しました。

★「追記」
ホーム木曽に到着して流れをチェックし、ポイントに入る。
笹岡氏も到着して準備を済ませ、釣れだすタイミングを待つ。
水位も下がり始め、キャスト開始!ダウンクロスで釣れる筋を横切った時にバイト!
激流なので、魚が止まらない、なんとか手前まで寄せたが、今度は動かない。
ロッドパワーで強引に引くと流れから出たのでゴリ巻きで寄せ、ネットイン!
サイズは60クラス

お腹が銀白色の海系の個体

リリース後、今度は笹岡氏にヒット!楽しみながらファィトしている。手前まで寄せ抜き上げ成功!
嬉しそうな笑顔でリリースしてたのが印象的だった。
その後、笑いあり、バラシありで楽しんで、遠征疲れもあり終了~!

今日は結構な群れでシーバスが入っていて楽しめたのだが、腹が立つ事もあった。
釣りをしている最中に上流から、投げ竿の穂先に装着するが発光体がいくつも流れていった、10個どころの話しではない!
「ゴミは持ち帰るのは当然の事でしょう~!いい大人だしね!」


▲シーバス使用タックル
ROD、パームス、サーフスターアローズ116M
REEL、ダイワセルテート3000
LINE、キャスタウェイ#1.2+フロロ30ポンド
LURE、タイド175、SL14、リップルポッパー140、etc





家族で遠征! [遠征]

子供達が夏休みなので、じいちゃん&ばあちゃんの提案で紀伊長島方面に遠征してきた。
じいちゃん、ばあちゃんは孫達と遊ぶのが目的だが、海に行くとなると僕の目的は釣りだ(笑)
今回の場所はじいちゃん推薦の穴場。餌師である、じいちゃん曰く、キス&メゴチが良く釣れる場所だそうな。
ポイント的にはサーフだと言っていて、しかも地磯もあると言う。
準備段階で頭をフル回転させ、タックルを絞り込む。
メタルジグは勿論、ワーム、プラグ類も大小様々な種類をBOXにぶち込む。
ロッドは4本、リールは3個でどうにかなるだろう。
ランディング方法は?地磯だと?デカイのが来たら?ギ、ギャフか?
さすがにそこまでは無いだろうと思いネットにした。
準備も整い、BBQセットより大事なタックルを積み込み、いざ出発!
42号を爆進し紀伊長島に到着!ここからマニアックな道を通り、こじんまりしたサーフに到着した。
ここからが問題、こうゆうイベントの場合、だいたい子供達はとんでもなく早朝に目を覚ます!しかし朝マズメは逃したくない!考えた結果、後は頼んだぞ、と嫁に言い残し、真っ暗なサーフで夜明けを待つ作戦にでた。
出発前に恐怖体験のTVを見ていたので、気持ちが非常にナーバスになっている。
波で石ころが転がっただけでLEDランプ点灯である。
結局、夜明けまでの2時間、LEDランプ常時点灯でした(笑)

薄明るくなり、ポイントをチェックすると、まず、玉砂利サーフで所々根交じりと分かった。
しかも波打ち際が掘れてる感じで、こりゃ、ヒラメ狙っとけ!て感じ!
まずはミノーで攻めるがノーバイト!
次はワームで攻める!歩き回り、地磯付近も攻めたがノーバイト!
最後はメタルで!とリフト&フォールで攻めるがまるで駄目!
日も高くなり始め、諦めムードが漂いだした頃に、波打ち際で小さなベイトが追われた!
こみ上げる笑みを抑え、ナブラ刑事を結びキャスト!左手が限界になるスピードでリーリング&トゥイッチ!メタルの後ろを右に左にとチェイス!ゴンとメタルが止まり、スピード感あるファイトで上がってきたのは、メッキ!

この後もチェイスしまくりで楽しんだ。
一番小さいサイズ!最小記録更新(笑)

ポイントはこんな感じ



充分楽しんだんで、今度は子供達とお遊びタイム!
泳ぎまくって、タイドプールでのお約束の磯遊び!

遊びまくると、お腹が減る!
木陰でBBQに突入!
食べまくり!

体は疲れているが、心は癒される。

疲れ知らずの子供達も流石に疲れ始めたので、帰り支度!

帰路の途中に道の駅に寄り道した。ラベンダーソフトクリームが売ってたので気になり購入。
不思議な感じ、コクがあり、美味しいのだが、口の中がトイレ系(笑)

また来年、ラベンダーソフトを食べにこよーっと!

「BBQ後のゴミは必ずお持ち帰りで!」

▲今日の大活躍ルアー!
  ナブラ刑事!

♪THE HAUNTED       Revelation


フルキャスト! [遠征]

仕事終了後、地元釣具屋さんへメタルジグの補充に向かった
ジグの棚を見るとムーチョルチアの35gのピンク系がゴッソリと減っている
考える事は皆同じだな~(笑)と思い僕も数個購入!
少し早めの集合時間に合わせ家を出る
今回も笹岡氏と釣行、合流して一路北陸方面へ!
今回キジハタに力を入れる予定、笹岡氏と色々攻略を考えながら走行して、現場到着。
これは厳しい!強風だ!シンカーを重めにすると根掛かり多発だし、軽いと底がとれない。
朝まで4時間粘ったが笹岡氏が1バイトのみで終了!他のキジハタ狙いのアングラーもノーバイトみたいだった
夜が明ける前にサワラ狙いに移動する
誰もいない…
まぁ何とかなるでしょう~と準備を始める
朝マズメになりジグをフルキャスト!気持ちいい~!自分の限界まで思いっきりキャストできる事がとても気持ちいい!
数回キャストするがバイトが無い
ジグを重めに変更、キャストして底をとる前にラインが止まる!遠くで掛けたので100m位+水深のファイトが始まる!しんどい!しんどいが楽しい!さすがに青物の仲間、調子にのらすと鋭い締め込みが始まるがロッドパワーで抑え手前まで寄せネットイン

サイズはさほど無いがサワラにしては横幅がある!

水面を見るとボイルが始まった!
笹岡氏が掛ける!しかし痛恨のバラシ!まだチャンスはある!
しかしバイトがない!おかしい?ルアーをとっかえひっかえ変更するがノーバイト
やはりベイトボールに突進食いをしている
水面付近で捕食しているが、ジグには無反応
少しフォールを多用する、反応がでた!どうもフリーよりもカーブに反応する感じ!
ロッドが絞り込まれてフッキングも決まった
突っ込みをかわし笹岡氏のサポートでネットイン
やはりベイトを大量に捕食しているのでサイズの割りに重さがある!

ボイルが少し遠のき少し休憩~!
ジグを底まで沈めてリフト&フォール
ココンとバイト!ヒラメも良く出るポイントなので期待するが、上がってきてのはエソ!

笹岡氏もエソに熱くなってきた
飽きない程度にポツポツ釣れる、楽しい(笑)
笹岡氏はこんな魚も釣り上げた!

フックを外そうとすると指に噛み付くハゼっぽい魚、歯はとても鋭かった!
ボイルも近づきキャスト開始!しかし食わない、少ないチャンスで笹岡氏が掛けるがバラシ…
本日一のボイルが始まり、気合のキャスト!着水直後にカーブフォール開始、すぐにバイト!
鋭い引きを楽しみネットイン
似たようなサイズで重量もあるいい魚

まだまだボイルはあるが、日も高くなり体力の限界で終了~!

家に帰り、サワラを捌くと大量のカタクチが出た、サイズは3センチ位だった
毎年、秋には数が出るサワラだが、キープをしない場合、魚体を触らずフック(バーブレス推薦)を外しリリースをすると結構元気に帰っていく。掛かった場所が悪く、出血が多いときはリリースしても死んでしまうのでキープしたほうが良い
塩焼きや味噌を付けて焼くと最高!是非御賞味あれ!
近々、笹岡氏はリベンジしに北陸に走るといっていた、僕も行きてぇ~!

▲サワラ使用タックル
ROD、ダイワ、シーホークSH-SJ97H
REEL、ダイワ、セルテート3500HDカスタム
LINE、よつあみ、ジグマンX4,2.5号+45ポンド
LURE、ギャロップ40~60、ムーチョルチア35、シーフラワー80、etc


プチ遠征~! [遠征]

昨日の時点で仕事の予定が変わり急遽、指定休をとることになった
暇なので笹岡氏に連絡をとると彼も急な事情により、車は出せないが、釣りには行けるとの事なので何所に行こうか相談する
平日に休みが取れれば北陸方面でしょう~!お互い意見が合い、プチ遠征決定!
狙いはキジハタとショアからの青物
何時もの集合場所で何時もの時間に出発!
夜は道が空いているし、自宅から山越えをしていけば意外と近い北陸
寄り道をしても午前2時過ぎにはキジハタポイントに到着!
根周りを丹念にテキサスリグで攻めるがバイトが無い
小移動を繰り返し探ると笹岡氏にバイトがでたみたいだ
残念ながらフッキングまではいかなかったが、やる気が漲る
少し移動して探ると、鋭いバイトが出る!最近コチばかり釣っているので少し送り込んでーっと!思った瞬間、違うコチじゃない!大アワセ!(笑)幸いにもフッキング成功!
トルクがある引きで上がったのは、本命キジハタ!

サイズは小さいがうれしい一匹

その後直ぐにバイトがあり、フッキングも決まり二匹目~!よっしゃ~!
赤いぞ~!んっ?違う、カサゴだ!
これまたうれしい一匹

そろそろ夜が明けだし始めるのでポイント移動してショアジギングの準備にとりかかる
辺りが明るくなりだし水面を凝視、ベイトはいる、後は…と思っていると二発水面が爆発!
出たよっ!の声で2人ともフルキャスト!底までジグを沈め、ワンピッチショートジャークで巻き上げる
ヒットー!2人ともほぼ同時にフッキング!笹岡氏のドラグが勢い良く出てる音がする、しかし痛恨のバラシ!
かなりの引きだったらしくとても悔しそう
僕の魚も結構な引き!時折見せる強い締め込みをかわし、笹岡氏のサポートでネットインに成功!
ジャスト70のサワラ

その後も笹岡氏はフッキングするもキャッチには至らず、ドラグ音だけが響いた
日もだいぶ高くなり周りでは2、3センチのベイトが一面一杯に広がっていた、それにサワラが豪快に突進して捕食しているが、ジグには無反応
数年前にこのパターンに遭遇した事がある。とても有効なルアーがあった
ブレードベイト系
ジグを投げていた僕の隣りでボコボコに!本当にボッコボコに釣友G氏爆釣していたルアーがベイトブレスの湾ベイト
特に密集した小ベイトに突進系の捕食をしているときには無敵の強さを誇った
それからは湾ベイトを持ち歩くことにしていたが、今日は無い!ベストのポケットを探りまくったが無い!いつもと違うジグBOXを持ってきてしまった
笹岡氏も持ってない…
どうにか打開策はないかと頭をひねる
結局ジグのサイズを下げるしか思いつかなかった
ギャロップ30gに変更して1投目、ミスバイトがでた
これはいけるかも?気合の2投目、ジャーク中にコンと軽くバイトがでた直後、ジグの重さが無くなっつた…
サワラには付き物だがショックはでかい、30gはもう無い…
笹岡氏を見るとまるで鬼神のごとくキャストを繰り返している
凄い気迫だ!
この気迫が魚を呼んだ!
入魂のアワセを入れ、そして鬼の追い合わせ!バラセない、そんな気持ちが伝わる
サイズこそ小さい感じだが、手前まで寄せ抜き上げる!
笹岡君やったねー!うん、よかったー釣れたよ~サワ…アジ?一同爆笑
32センチのアジだった(笑)

その後、大間の黒マグロみたいに飛び跳ねまくるサワラに後ろ髪ひかれつつ、燃えつきて真っ白になって現場を後にした。
▲使用タックル、キジハタ用
ROD、プレミアPMRS-88ML
REEL、ダイワ、セルテート3000
LINE、キャスタウェイ#1.2+VEP22ポンド
LURE、グラスミノーL(テキサスリグで使用)
▲使用タックル、ショアジギング用
ROD、ダイワ、シーホークSJ97H
REEL、ダイワ、セルテート3500HDカスタム
LINE、よつあみ、ジグマンX4#2.5+フロロ45ポンド
LURE、ギャロップ30~60g、シーフラワー60~80、チャクラジグデルタ、etc

夕方コチ狙いに出撃した
到着早々、釣れない時によく起こる現象がでていた
とりあえず昨日良くバイトがあったポイントを攻める→ノーバイト
ヘビキャロで沖目を攻める→ノーバイト
良くバイトが出る時間帯に実績のあるポイントを攻める→ノーバイト
ノーバイトで終了!
なぜこの現象が起こるかわからないが釣れない時はほぼ同じ現象が起きている
でもキスは釣れてるんだけどな~!コチはどうしてだろう?


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。